A TORIE

おもしろき こともなき世を おもしろく
残念なチキン野郎がお送りします。
<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -

NHK杯2011 浅田真央

 ハイ。ついったー楽すぎます。



SP:シェヘラザード

3Aがシングルに。3F-2Lo、st3Loでした。
あ、抜けちゃった。となると、次に怖いのが彼女の滑り。彼女は昨シーズンまで、ジャンプが決まらないと本当に足元が伸びなくなる。タンゴとかかなしくなるくらい委縮しちゃってましたね。ちょっとみててヒヤッとしたんですけど、真央ちゃんは1Aの直後、降りてきてすぐもう笑顔でした。頑張って笑ったような顔じゃなくて、ちゃんと笑顔。
こういう顔してるときの真央ちゃんは大丈夫。っていうときの顔でした。

ほかのジャンプもよし、ステップもエッジを深く使って伸びやかで、よかったと思います。
ひとつの失敗を引きずらない!言うのは簡単ですけど、本当にそうするのは大変だったと思います。いやーかわいい。よかった。

あとのインタビューで、「回転不足でも3Aをとべればよかったんですけど」って言ってたのが印象的でした。
前の真央ちゃんだったら、「次は完璧に跳びます」って言ってたと思うんで。
私は、いい傾向だと思います。あんまり跳ばなきゃ、跳ばなきゃ、ってかたくなる必要はないと思う。



携帯用
FS:愛の夢

昨シーズン続行ですが、内容はちょいちょい変えてありますね。
大きなミスはありません。今までの真央ちゃんをみてたら、シーズンの初戦で「大きなミスがありません」というのはすごい感激。最後のループがちょっと2footでつまったくらい。
でもそこからの盛り上がりがすごいですね。
最後のスピンはシットからドーナツへもっていく異次元の筋力。昨シーズンよりスムーズになりました。そしてドーナツからビールマンへ。膝あたりを手でつかむ異次元ポジ。これはビールマンになるのかな?ロシア娘も似たようなものをやりますが、ここまで綺麗な雫の形にはなりませんね。そもそもロシア娘たちのはキャッチフット扱いか?
何気に真央ちゃんは、ちょこちょこスピンも新しいポジションを入れてきますが、結構な労力だと思います。
そこからフォアのアラベスク、そしてフィニッシュ。
もうこれぞ愛の夢。愛が満ち溢れてる。慈愛の女神。愛してる。心の底からにじみ出てくるアイラブユー。届けこの想い札幌の真央ちゃんへ。はあん。よかった。

冒頭の3Aを2Aにしてきましたが、着氷をみると3A跳びに行ってダブった感じですかね。シングルにならなくてよかったです。
フリップはもう危なげないですね。ルッツはエラーを取られたみたいですが、高さも流れもあるとてもいいジャンプだったと思います。
2A-3Tも入りました。これも昨シーズンよりセカンドが高くてよかった。全体的にジャンプに幅がでてきたように思います。スピードもあるし、前は流れるようで、綺麗だけどあっさりしたスケーティングだったんですが、上半身の動きも足元も、緩急がついてメリハリがでてきました。
FSは1位ですが、SPの貯金であっこちゃんが僅差で逃げ切りました。おしかったです。


でも、今までの真央ファンはどこか、「シーズン初戦だから」「スロースターターだから」と言い続けて、いつのまにかシーズン序盤に成績が振るわないことの言い訳にしてきた部分もあると思います。
今までに比べたら、表情も、スケーティングも、ジャンプも、格段に良いシーズンの幕開けになったと思います。
なにより真央ちゃんにとって、大きな自信になってくれたら心強い。前みたいに、緊張しても顔に出ない、悲壮感をまとうこともない、とてもいい傾向だと思います。
日本人のコーチがついてくれたことが、想像以上のターニングポイントになったのかもしれませんね。
高橋のように、コーチも選手も日本人、純国産のスケーターとして頑張ってもらいたいです。

いやーよかった。こんなに曇りのない晴れやかな気持ちのシーズン初戦は何年ぶりでしょう。いつももやもやとした、「次は大丈夫かな、次はどうなるのかな」「真央ちゃんつらそうだな」って思っていたので、安心しました。
11-12 GPS | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

JapanOpen2011 エリザベータ・トゥクタミシェワ

 リーザのジャパンオープンのときの演技です。
フリースケーティング、曲はベサメ・ムーチョ。

若干14歳、私の天使リーザちゃん。1位でした。

冒頭3Lz-3T。高さも幅も素晴らしいです。シニアで最近このジャンプを跳んでるのはキムヨナくらいかな。シズニーが今シーズンどうだろう。
2本目も3Lz。危なげないですが、その次のフリップがシングルになるミスが出ました。ルッツが得意な選手はフリップの時慎重になっちゃいますね。
でも彼女はプログラム通して大きなミスはここ一度だけなんですが、それも後半3S-3Tでカバーしています。2A-3Tにすりゃいいのに、あえて3-3でくるあたりが強気ですね。シニアのお姉さんたちに喧嘩売ってほしいです。

なんといっても手の表現が多彩ですよね。まだ14歳ですが手首、ヒジ、指、全部使い分けることができます。スパイラルの時の手の振り付けが凝ってます。
リーザはジャンプを降りてきたあと、フリーレッグをほぼ水平に高くあげるんですけど、それがまた色っぽいんですよね。下品にならない色気があります。人妻の風格。

プログラムとしてはそのあとのCOIで披露したSPのほうが好きです。
手首みてよ手首と指はぁーん。
ステップの時なんか、振り付けガン見しちゃいますね。緩急つけるのもまたうまい。


最近の私の女好きに拍車がかかったのは、間違いなく女子ジュニアとperfumeのせいだと思うんだぺろぺろ
スケート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

まおちゃん



携帯用

the iceでお披露目された、ジュピターじゃないほうのエキシビションナンバーです。曲はショパンの有名なワルツですね。革命のエチュードとか、誰もが知ってるショパンの名曲の中でもこのワルツが一番好きです。
終盤のジャズ、めっちゃ滑りにくそうですがよく音を拾ってます。
サルコウを入れたのは、苦手なジャンプを公式の場で跳ぶ回数を増やすためだと思います。となると、今シーズンも入れてきそうですね。わくわく。

ポニテが超かわいい。タラソワのプログラムの衣装は一見すると変に見えても、滑ってみるとすごい綺麗だったりしますよねー。Y字スピンのとき、スカートのひらひらが舞い上がって素敵。

スケート | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

リフレク

 のラスボス曲

マジキチ。
これで毎回ランダム譜面とか正気の沙汰じゃねーぜ。


日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

星がきれいだったので

 遅番終わって夜中2時くらい、お空の星がすごかったんで、ダメもとでコンデジでとってみました。

オートモードだとこんな感じ

まぁこんなもん。星の光を拾ってくれるだけいいですね。前の安コンデジはこの時点で真っ黒でした。


シャッター速度を遅くしてこんな感じ。ちょっと眠くて撮りざらしの汚いまんまですけど、カメラのモニターだとすんごい綺麗です。三脚持ってないんで、道路のど真ん中でレンズ上に向けて置いてました。超不審者。


部屋から取ったらこんな感じ。左の工事現場とかめっちゃ綺麗に映ってますけど、部屋真っ暗の深夜2時なんで、外もほとんど明かりがない状態でこれだけ撮れます。
や、私にほぼカメラの知識がないもんで、シャッター速度とか絞りとかいろいろ変えて撮ってみたけど、いまいちよくわかってません。また勉強しよう。
日常 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)